ひめじ市民共済

先頭へ戻る先頭へ戻る

ホーム > 火災共済 > 保障範囲

火災共済

火災共済

保障範囲

火災共済ならこんな時にワイドな保障!

火災 破裂・爆発 落雷 水漏れ
自動車の飛込み 航空機の墜落 消防冠水

費用共済金も付いて充実保障!

費用共済金は、契約額を超えてもお支払いします。
火災共済金の他に次の費用共済金をお支払いします。

1. 臨時費用共済金

火災等の事故に伴う生活上の臨時の支出に充てる費用で、火災等共済金の額の10%(最高100万円)をお支払いします。

2. 残存物取片づけ費用共済金

火災等の事故に伴う残存物の取片づけに充てる費用で、火災等共済金の額の6%(最高100万円)をお支払いします。

3. 失火見舞費用共済金

火災、破裂、爆発によって他人の所有する建物や家財に損害を与え、見舞金を支払った場合の費用で、第三者1世帯あたり20万円、1事故あたり50万円(共済金額の10%限度)までお支払いします。

4. 修理費用共済金

借間、借家に居住する契約者が火災、破裂、爆発、漏水により建物に損害を与え、賃貸借契約に基づいて修理を行った場合の費用で、1事故あたり50万円(共済金額の10%限度)までお支払いします。

5. 漏水見舞費用共済金

漏水、放水、溢水により他人の所有する建物や家財に損害を与え、見舞金を支払った場合の費用で、第三者1世帯あたり20万円、1事故あたり50万円(共済金額の10%限度)までお支払いします。

契約に含まれないもの

  • 通貨、有価証券、印紙、切手その他これらに準ずる物
  • 貴金属、宝石、宝玉、及び貴重品並びに美術品である書画、彫刻物その他の物
  • 稿本、設計書、図案、ひな形、鋳型、模型、証書、帳簿その他これらに準ずる物
  • 自動車(自動車保険が適用される物及び原動機付自転車含む)
  • 家畜、家きん、農作物、漁獲物類
  • 商品、原料、営業用機械器具又はこれらに属する物

契約できない建物(建物内の収容家財含みます)

  • 空家又は建築中の建物
  • 非合法の建物並びに防火上きわめて危険と認められる建物
  • 常時5人以上の従業員が従事する工場、作業場等の併用住宅
  • 夜間無人となる建物
  • バラック建物、仮設建物
  • 法人名義の建物
  • 面積が10m2未満の建物

共済金が支払われない場合

  1. 故意又は重大な過失があるとき
  2. 火災等に係る紛失や盗難による損害
  3. 戦争その他の変乱によって生じた損害
    (これらの事由により、火災等の事故が延焼又は拡大して生じた損害を含みます。
    以下4) 5) 6)も同じ)
  4. 地震又は噴火もしくは津波によって生じた損害
  5. 核燃料物質によって汚染された物の放射性、爆発性その他の有害な特性に起因する損害
  6. 5) 以外の放射線照射又は放射能汚染。
  7. 共済金の請求書類に不実の表示や偽造変造をしたとき。
  8. 被害物の検査等の行為を妨害したとき。

※この火災共済のほかに、他の火災保険・共済に重複加入されている場合は、万一のとき、保障額が調整されることがありますので、できるだけ当組合の火災共済にまとめてご契約いただくよう、お勧めします。
※風水害、地震などの自然災害に伴う損害は保障されません。ただし、落雷による損害は保障の対象となっています。
※契約金額が2,000万円を超えるご契約の場合は、全国共済生活協同組合連合会の火災共済事業をご利用いただくことになります。

共済期間

共済期間は、掛金を納めた日の翌日の正午から1年間です。

→再取得価額特約はこちら

Q&A 皆さまからのよくあるご質問

資料請求